亜笠不文律。

漫画描きつつ四苦八苦、亜笠弓月が
日々のたわ言を綴ります。
<< ありがとうのお返事を。 | main | ありがとうのお返事を。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
鹿に始まり鹿に終わる。




鹿かわいいぜ鹿!



というわけで、魅惑のゴールデンウィークとやらは
バビューンと過ぎ去ってしまいましたね。バビューン。

私は何でか今年から方針を変えやがりました勤め先の
『連休は2日の日曜日で終了&3日の月曜日から出勤だYO☆』という命に従い、
いやいやそれゴールデンウィークどころか単なるエンドウィークですけど?と
毎日ツッコミを入れながら仕事をして過ごしました。
それを言うならウィークエンドだぜと1人ツッコミ!超むなしい!



無駄にテンションが高いのは深夜マジックですすみません。



といいますか暑いですね夏ですね春はどこですかね。
30度近いとかどうなってんすか。5月って爽やかな季節じゃないんすか。
ついこないだ春なのに雪降ったとかニュースやってませんでしたか。

行楽日和と呼べば聞こえはいいかもしれませんが
行楽できない者にとっちゃ大変迷惑な天気でございまして
もっとツライ仕事してる方々の苦労を一旦無視して愚痴らせて頂くとすれば
何でこんな汗かきまくりながら1日中外で仕事せねばならんのかぁあああああああ
と叫びたくなりましたすみませんすみません。くっそぅ私も空港でテレビのレポーターに
「連休はどこ行かれたんですかー?」「あっハワイですぅー」とか言ってみたいもんだよ全くよぅ!





さてさて愚痴はこのへんにしておきますほんとすみません。

そんでもって、ででーんと鹿の写真を貼り付けておりますが
大型連休に奈良に行ってきた、という訳では全くございませんで。
4月の今頃、ちょうど1ヶ月前くらいにスキマライブin奈良へと乗り込んだ際、
ライブ始まるまでの時間に奈良界隈をぶらぶらした時のものでございます。

ここ最近悲しいことに何も特筆できる事柄がなく
休みの日もひたすら家に引きこもってる感じですので、
1ヶ月前の奈良ぶらぶらでもタラタラ書こうかと。
お目汚し失礼…!










遷都1300年、いま日本で最もアツい聖地、奈良…!



とは言え、私が行った日はまだ遷都記念イベントやらの開催期間前でもって
メイン会場の平城宮跡でなく東大寺周辺をうろついただけなもんで、
祭りじゃー!という雰囲気ではなかったのですが。

でもまぁ至る所の看板やらポスターやらぬいぐるみやらでせんとくんが
もうできれば見たくないくらいのレベルでこっちに視線を向けてくるので
奈良のアツさはひしひしと感じました。もうできれば見たくな(以下略)




そんで東大寺周辺、特に鹿がぞろぞろうろついてる場所は
外国からはるばるやって来られた皆様が40%、いや半分超えてんじゃねーの
というレベルで混みあっておりました。ワールドワイド奈良!
あと修学旅行生もわんさかおりました。青春ピッチピチ奈良!

いやーそれにしても鹿と触れ合う人々の何と楽しそうなことよ。
上の写真の色白ボーイも勝手に至近距離で写真撮ってしまったというのに
私なんかには目もくれず鹿にしか興味がないようであったよ。
おっと「鹿にしか」って我ながらナイスギャグ!




しかし東大寺周辺を訪れたのが久方ぶりだったもんですから
鹿にテンション上がりすぎまして、おかげで写真撮りすぎました。
帰宅して写真データ整理したら8割鹿だぜびっくりだぜ。
寺社仏閣の写真も少しは撮りなさい私。



いやまぁ何にしろ鹿とたくさん触れ合えて非常に楽しかったです。
触れ合うというかひたすら眺めてただけでしたけども。いやー癒された。

そして奈良県の手にかかれば電柱まで鹿仕様です素晴らしい。













奥に見えるは東大寺の屋根だったかしらどうかしら。
ちょっと記憶があやふやでございますが、周辺の裏路地をぶらぶらしてたらば
何とも素敵な場面に通りかかったのでした。
絵を描いてる人々含め、何て絵になる風景なのか。

しかもおじいさま達の描く絵がやたら巧いもんだから
思わず画伯とお呼びしたくなりました。
あと年季の入った画材の数々がこれまた渋くて
やっぱり画伯だと思いました。すごいよ画伯!


こっそり写真を撮りながら、
私も画伯のように素敵な老後を過ごしたいもんだと
しみじみしながら通り過ぎましたです。
嗚呼何て素敵な昼下がり。





もう10年くらい前の話になりますけれども、わたくし
中学・高校時代にかけて古墳巡りを趣味のひとつとしていた時期がありまして。

たぶん趣味の発端は中1の遠足で明日香村へと連れられて
石舞台古墳と飛鳥池遺跡にウヒョースゲェーと感動したからだったと思うんですが、
その後も奈良とか大阪各所へ出かけてはやたらと古墳ばっか見つめておりました。
まぁまぁまぁもうちょっとその頃に若々しい趣味でも身に着けてれば
キラキラした青春を過ごせてたんじゃないのと後悔しなくもない訳ですが、
電車でひょいっと行ける範囲に古墳だらけな関西圏コノヤローですね全くね!
全く素晴らしいよコノヤロー!


大人になってからは情熱がやや薄れてしまってはおりますけども、
それでも古墳や遺跡から感じためくるめくロマンはしっかり胸に残ってるなー
と思います。ビバ縄文弥生時代。


何か話がピューと飛んでってますが要は何が言いたいかというと、
老後は再び古墳巡りを趣味にするのもいいかもしれないぜ!と思ったぜ!
という話ですすいませんすいません。
どうでもよすぎてすいません。





そういやちょっと前からウワサになってる大人の歴史教科書を
買おう買おうと思ってまだ買えてないので、早くゲットしたいところです。
でも高校時代の山川教科書が現物で残ってるので不必要だろうかとも思いつつ。
うーむどうしよう。














お昼ごはんに吉野葛のお安いコースを食べたんですがうまうまでございました。
葛うどんとか葛あんかけごはんとか葛デザートとか諸々ついててごちそうさまでした。


そんでもってしばらくして歩き疲れてカフェを捜し求めた訳ですが、
2、3軒よさげな店を回るも満員ですと追い返され。
何だよ何だよ繁盛しちゃってさ!と思いつつ商店街歩いてたらば
ふと見上げた2階の窓に可愛いモビールがくるくる回転してるのを発見。
それに引き寄せられるようにフラリと突入したんですが、
これがまた超BINGO!なカフェでございまして。

アパートのちょっと広めの1室、くらいのスペースしか無いというのに
ほぼ全部ソファ席の素敵空間が広がってて、いやはや感動。
そんで家具も雑貨もメニューも味もドツボすぎて参りました。ヒョー素敵!




何つーかオサレカフェに行くたびいつも思いますけれども、
カフェ空間を作り上げる方々のインテリアセンスを本気で分けてほしいです。
何をどうやったらそんな狭苦しいスペースがそんなオサレスペースになるというのか。
お金払うから私の部屋を改装して頂きたい。


あとオーナーのお姉さんの趣味なのか
荒木飛呂彦の愛蔵版短編集が飾ってあったり
ナウシカの原作コミックス7巻セットも置いてあったり
すぐ隣のMDコンポからオルゴール調のナウシカソングが流れてきたりで
何かもう色々と素敵すぎました。何よりお姉さんが美人すぎて大変だ!
1人で切り盛りしてるなんてこれまた素敵すぎる。また行こう。









そんなこんなでカフェが素敵すぎて随分と長居してしまい、結果
本来の目的であるスキマライブへ小走りしなけりゃなりませんでしたよオーマイゴッド。
自分の部屋以上にくつろぎすぎましたすいませんすいません。

しかしライブ会場へ小走りの途中、とあるお店にて人だかりを発見し
何だよ何だよ芸能人かしらとミーハー精神を抑えきれずレッツ寄り道☆

したらば時々テレビの『すごワザ名人特集!』な番組でお見掛けする
餅つき早ワザ職人のお店でございまして、そりゃもうテレビで見た通り
目にも止まらぬ速さでパフォーマンスが行われておりました。


いやー高速すぎて写真の杵がぶれるぶれる。
いやー高速ショーの隣で餅が飛ぶように売れる売れる。


それが醍醐味なのは分かりつつ、
高速で振り下ろされる杵に手が接触して折れるんじゃないかと
ハラハラしすぎて若干心臓に悪かったです。おぉ怖かった。
職人芸はすげーなぁ。













というわけで。

のんびりぶらぶらする時間はなかったもののそこそこぶらぶらし、
おみやげにピンバッジとか諸々購入して帰りました。やー楽しかった!

せんとくんには申し訳ないが私はまんとくんの方が好きです。



おっと勿論スキマライブは最高の一言でございまして、
2人が何故かステージ上で鹿耳カチューシャをつけて恥らう。という
神がかった光景に萌えて悶えて色んなものが飛び出しそうでしたウヒョー。
ファン6年やってきて初めて見たぜそんな光景。
すごいぜ奈良パワー。





そんでもって拍手返信をひとつ下の記事で挙げております。
メッセージくださった皆様、読んでやってくださいませ。










最後に奈良中心街の100均にて超売り出し中でございました鹿耳写真でも。
まぁシカ耳という名のトナカイ耳の使い回しのようなゲフンゴホン。


しかし『シカになろう!!』って何ともスゴい宣伝文句だぜ。
やっぱアツいぜ奈良!また行きたいぜー!






| つれづれ | 23:31 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:31 | - | - |


PROFILE


WEB拍手

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS